津山のお肉がおいしいグルメガイド

文字サイズ
>
津山市中心市街地活性化協議会

津山市中心市街地活性化協議会 

 

 

津山市中心市街地活性化について

 

津山市の中心市街地活性化(まちなか再生)は、まちづくりに思いのある人々で「津山市中心市街地活性化協議会」を設立したことに端を発します。その後協議会では、熱い議論を重ね36の活性化事業案をまとめて津山市へ提言しました。そして津山市では、協議会の意見を基に津山市中心市街地活性化基本計画をまとめ、平成25年3月29日に内閣総理大臣による事業認定を取得しました。

当協議会では、民間主導の活性化事業を順次スタートさせております。ふしぎなことに若い人たちの起業をみんなの力で成し遂げると、次に続く人たちが現れてきて活力の連鎖を実感しています。この少子高齢化の時代に新たなコンパクトシティを実現することは、後世に功を遺す大変やりがいと夢のある事業であると確信しています。

 

 

津山市中心市街地活性化協議会 事務局長

 

津山市中心市街地活性化協議会の組織

                       

津山市中心市街地活性化協議会の構成員は、商店街関係者、鉄道会社、金融機関、百貨店、地元放送局、大学など合計64のの会員のほか、特別会員、オブザーバーを含め合計75者から構成されています。

最高意思決定機関である「全大会」の下に「全大会」からさまざまな権限を委任された執行機関である「運営委員会」が設置され、個別事業を検討するワーキンググループと連携しながら各種事業の検討を行っています。

 

   

 

「津山まちなか通信 じょうか」 Vol.1 発行

                           

津山市中心市街地活性化協議会の広報誌として「津山まちなか通信 じょうか」Vol.1が発行されました。

今号は、「津山市中心市街地活性化基本計画」の内容や「津山市中心市街地活性化協議会」の組織について、そして動き始めたプロジェクトを、津山の人とともに紹介しています。

    

   情報誌をPDFファイルで見ることができます。

 「津山まちなか通信 じょうか」Vol.1 全分割